日々感じたことをアップしてます。

Works

ケースレポート4 重瞼術(埋没法)

アイプチにより皮膚の折れ込みは弱くは入っていますが、しっかりとしたラインの入る二重を作りたいのことで受診された20代前半の患者様です。術前の状態では右のほうがラインが薄い印象です。やや高めのアイラインを希望されたため、外れずらい4点での埋...
Works

ケースレポート3 重瞼術(埋没法)

もともとは奥二重でしたが、皮膚のたるみにより二重が見えなくなってしまった50代後半の患者様です。皮膚のたるみ取りも合わせての切開重瞼術を提案しましたが、メスを入れる手術にはどうしても抵抗があるとのことで埋没法での二重形成を行いました。術前...
Life

色素沈着

3ヶ月ほど前ランニング中に豪快に転倒し左の前腕を怪我してしまいました。。写真のとおり、上が受傷翌日で下は治癒してから3ヶ月後の状態です。皮膚のダメージが強い部分に一致して茶色の色素沈着が生じていますね。ダメージが少ない部分はかなり色味は抜...
Works

ケースレポート2 重瞼術(埋没法)

もともと奥二重でプッシャーを使って二重のラインを作っていたそうです。末広型で自然なラインを希望され、術前のシュミレーションで希望通りの折れ込みが作れることから埋没法を行いました。やや厚めのまぶたの方だったので、より確実な3点止めとし幅は7...
Works

ケースレポート1 重瞼術(切開法)

患者さまは20代前半の方でアイプチテープで二重を作ってもすぐ外れてしまうとのことでした。診察させていただくと、皮膚の厚みがあって折り込みがなく、右目優位にたるみもあることから切開法での二重形成を行いました。術前と術後5ヶ月の比較になります...
Works

豊胸

授乳によるしぼみや加齢に伴う下垂などで自分の胸に自信をもてなくなってしまった、今まで着ていた服のサイズが合わなくなってしまったなど理由はさまざまですが、胸に張りを出してボディーイメージを改善したいと願う女性は多いはずです。しっかりとボリュ...
Works

クマ

今回のテーマは目の下に目立ってくるアレです。原因としては加齢に伴う皮膚のゆるみと骨の萎縮などが合わさって進行してくると考えられています。一言にクマといっても実はいろいろなタイプのクマがあり・皮膚が色素沈着を起こして色がついた茶色っぽいグマ...
Works

刺青 その2

どーしても無くしたい、消したいという方は切除が適応になることがあります。ただし、皮膚の伸展性(皮膚がどのくらい伸びるのか)は身体の部位によって異なるため、皮膚を寄せれるかが切除の肝となります。単純に皮膚を寄せることが出来ても、手足は動きが...
Works

刺青 その1

理由はさまざまですが刺青(タトゥー)を消したいと思ったこと、ありませんか?まったく元通りにすることは難しいですが、薄くしたり傷跡として置き換えて目立ちづらくすることは可能です。治療方法としては・レーザー照射・切除・切除+皮膚移植などの選択...
Works

第144回美容外科学会学術集会

コロナで学会も現地とオンラインのハイブリッド形式が増えてきましたが、今回は久しぶりに現地参加してきました!同期の先生方と再会して情報交換ができたのが何より嬉しかったです。さて、今回の学会のテーマは『no surgical』。え、美容外科学...
タイトルとURLをコピーしました